« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月26日 (木)

食べ物を盛る

今日はうれしい頂き物ばかりの日でした。その中のひとつに、広くて平らなお皿がありました。すっきりした形の大きなお皿、何を盛り付けようかと考えるのも楽しい時間です。

Photo_69 器を見るとき、これはお浸しを盛るとおいしそうだ、こちらはドーンと煮込んだものをたっぷり入れたい、この皿の上にこの小さな器を重ねるとどうだろう、などと考えて止まらなくなってしまいます。

もちろん、茶豆ケータリングの時にも登場させようと思います。

| | コメント (2)

2007年4月22日 (日)

重箱おかず

6人分のおかずを、という依頼で重箱二段におかずを詰め込んでみました。

献立は、車麩のから揚げ、ひじき煮、スパニッシュオムレツ、白花豆のマリネサラダ、水菜のナムル、きのこと鶏せせりのバルサミコ風味、のびるの酢味噌和えでした。Photo_68

のびるは想像通りの力強い味で、酢味噌に負けじと競い合っているかんじがしました。これからどんどん夏野菜が出回り始める時期、本格的な暑さが来る前に体を暑さに耐えうるようにしていくときですね。季節の野菜を食べていると、自然とそうなるようにできているようです。

新たまねぎ、新ジャガイモなどみずみずしい野菜とピース類を合わせてもおいしそうですね。

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

のびる

Photo_67 のびるをいただきました。根っこの部分が小さな玉葱、そして長い小ねぎがついているような形です。

もうそろそろ時期も終わりということで、貴重なのびるです。きれいに掃除された状態でいただいたのですぐに調理できてありがたい限りです。ところで、皆さんこういった野菜を茹でた後、水にさらしていますか?私はよっぽどあくが強いもの以外はそのままざるにあげ、扇いで冷ましています。水の中においしいものが逃げて行くような気がするので・・・。

のびるといえば、私は酢味噌和えが好みなので早速作ろうと思います。見た目がひともじとも似ているなぁと感じますが、味はのびるの方が個性的で強いですね。天ぷらもおいしいということなので、今季また出会えたら挑戦する楽しみが増えました。

| | コメント (2)

2007年4月18日 (水)

口にするもの

先日、友人の結婚披露宴に参加しました。たくさんの友人に囲まれた二人の人柄が出ている素敵な式でした。

さて披露宴といえばコースの料理を食べながらの進行が一般的ですが、ここ4,5年の間にアレルギーに関する対応をしてもらえることが増えました。私は甲殻類のアレルギーなのですが、その旨を招待状の返信葉書に書き込んでおくと、該当する料理が他の食材で代用されています。

これは、外での食事に気を使うアレルギー持ちの者には大変ありがたいことです。昔はアレルギーの認知度が低かったため、正確な理解が得られずに困ったこともありました。自分が口に入れるものには、自分で責任を取るのだということをアレルギーになったことにより自覚し、それによって作ること、調理すること、食べることへの興味が湧いたのだったなぁと思い出しました。

089 実際みんながエビの一品を食べているときに、私には生ハムメロンといくらサーモン、山菜のフリットの三種盛りの皿が来ていたことはこっそり伝えておきます。 なぜかいつも大サービス・・・

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

たけのこごはん

筍がたくさん出回っています。

私の周りにも筍の頂き物をおすそ分けしてくれる方がたくさんいます。旬の味を私もおすそ分けしたく、筍ご飯を炊きました。筍、油揚げ、鶏モモ肉、昆布を一緒に炊き込んで、少しコクのある味わいのご飯にしました。 070

たくさん炊いて、ライブイベントで来熊していたアーティストさん二組と、スタッフへ差し入れしてきました。ごはんはなぜかある程度たくさん炊いたほうがおいしいのはなぜなんでしょうね。学生時代、お米についても学んだ記憶があるのですがこんな素朴な疑問については解説はなかったように思います。

新鮮なえんどう豆も出回ってくる頃なので、しばらく炊き込みご飯の登場が多くなりそうな予感です。

| | コメント (2)

2007年4月 7日 (土)

つくし

もう熊本では開ききってしまう時期ですが、三月の暖かな時期に両親より土筆とクレソンをもらってきました。夏には水遊びで賑わう立神峡の奥、きれいな水の流れる小川のほとりで摘んできたものだそうです。

子供の頃土手や河原で土筆などを摘んで、集めるのが楽しかったことを思い出します。その当時は少し苦味のある土筆の味は得意ではなかったのですが、山菜採りは集めることが楽しくて夢中になっていたような気がします。

028 今回は、土筆を頂き物の自家製ベーコンと炒めて祖母宅産のサラダほうれん草と一緒に和えて食べました。独特の風味がおいしく、春の楽しみをひとつ味わうことができました。

| | コメント (4)

2007年4月 5日 (木)

このしろ

熊本ではこのしろという呼び名の魚、関東ではこはだ、というそうです。Photo_66

小骨が多くて苦手、という方も多いとは思いますが、私の実家ではよく食卓にのぼる魚です。酢締めにして押し寿司や握り寿司にすることが多く、揚げて食べてもおいしいですね。

今回はお手ごろな価格で新鮮なこのしろがあったので押し寿司を作りました。しっかり締まったほうが好みなので、二日ほど漬け込んでみました。寿司にせず、レモンを絞っていただくのもまたおいしく、お酒も進みます。

| | コメント (6)

2007年4月 2日 (月)

水俣愛林館

先日、一年以上ご無沙汰していた、水俣市久木野にある愛林館という地域振興のための施設へおじゃましてきました。

今回の目的は、愛林館が国有林から期限付きで借り受けている山への作業道路を作る補助作業、だったのですが、前日の大雨で現場が作業できる状態ではありませんでした。そのため、現場付近の山の植林地での蔓切り作業となりました。

愛林館による植林はここ5,6年で行われ、これからはその木々の周りの下草刈りや蔓切り、間伐などの手入れを続けていくことで良い状態の森を作り、雨や養分を染み込ませおいしい水を寒川水源から湧き出させることになります。

こういった活動は愛林館で随時参加者を募って行われているので、興味のある方はぜひホームページをのぞいてみてください。http://www7.ocn.ne.jp/~airinkan/

Photo_65 もちろん、おいしい食べものもたくさんあります。おすすめは愛林館で作っているゆず胡椒、手作りクッキー、お漬物、などなど。

私はこの日、久木野産手打ちそばをお昼にいただきました。しっかりそばの味がする太目の田舎そばです。

| | コメント (0)

2007年4月 1日 (日)

花見のごはん

昨日、お花見用にごはんの注文をいただきました。

Photo_64 あいにくの雨模様でしたが、ごはん会として楽しんでもらえたようで、一安心です。

献立は、いなり寿司、手作りこんにゃくと人参のゆず胡椒金平、卵焼き、春巻き(チーズ・ブロッコリー/キムチ・ブロッコリー)、野菜巻き豚バラ焼き、菜っ葉のナムル、大根ナムル韓国海苔和え、ミディトマトと厚揚げの串、白ねぎと鶏から揚げの串、でした。

ここ熊本では桜はちょうど今日明日あたりが満開のようですね。たわわに咲いている桜は見応えがあります。

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »