« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

熊本城二の丸広場

今日は秋晴れの天気、こんなに気持ちのよい日ですからピクニックへ出かけよう!ということで、お弁当をこしらえて行って来ました。

010 002 お城まで歩いて10分ちょっと、という恵まれた場所に住んでいるのでござと飲み物、お弁当を持っててくてく歩きました。昼の日差しはまだ強く、背中がじりじりと焼けるほどですが二の丸広場の木陰に座ると風も吹き涼しくていい気持ちです。

日曜日ということもあり、たくさんの人が広場でくつろいだり遊んだりしていました。子供が紙飛行機をゴムで飛ばして行方を見失い、私の友人が拾って飛ばす方向をアドバイスしたり、犬が走ってきたかと思うと私達のそばをすり抜けて遠くの犬のほうへ絡みに行ったり、ゆったりした中でも飽きない動きがたくさんありました。

お弁当はおにぎりと卵焼き、うなぎの蒲焼にピーマンの炒めもの、冬瓜のあっさり煮と相方作の柿の梅酒コンポート、お菓子を少々持って行きました。 しかし改めて見る熊本城はいいですね・・・・。008 歩いていた見知らぬ方に登場していただきました。

| | コメント (2)

2007年10月27日 (土)

みつけた

一昨日、新町のギャラリー光原処さんで開催されている星乃窯の器の展覧会へおじゃましてきました。星乃窯は菊池に窯を構えていらっしゃって、つい先月自宅の展示室を見せていただいたところでした。

ガラス越しに中庭が見えたっぷりと光りが差し込むギャラリーに、星野さんの器がずらりと並び壮観です。 作風が幅広い星野さん、色々な技法を使いさまざまな形、大きさ、深さ、厚さ、感触のものがありじっくり確かめつつ移動します。

そして毎日使うお茶を入れる急須、ずっと探していたのですがとうとうぴったり来るものにめぐり会えました。Photo  

握るとしっくりくる取っ手につまみのないふた、横に広い丸、早速天の紅茶を入れて飲み、おいしさに大満足です。

今まで煎茶用の小さな急須でほうじ茶や紅茶も入れていたのですが、やはり小さいとそれだけ対流が起きず、勢いがあったほうがおいしいお茶には不向きだったようです。これから毎日ますますおいしいお茶!

なお、展覧会は明日まで、11時から17時です。

| | コメント (3)

2007年10月22日 (月)

誕生日の祝いその2

そして昨日は一歳を迎えた女の子の誕生日を祝う集まりにごはんを頼んでいただき持っていきました。 お母さんが卵・肉・乳製品・油脂・砂糖を控えているので、全て使わずに料理を用意しました。

献立は栗ご飯おにぎり、鯛の塩釜焼き、紅玉りんごのサラダ柿ドレッシング、キノコの包み焼きかぼす和え、豆腐と里芋のテリーヌ、彩り野菜のトマトスープ、豆乳メイプルシャーベット、です。008 015

一歳の誕生日にお餅を踏む、という風習が大分にあるそうで、紅白の大きな餅が用意されその餅を支えられながら踏む子供がなんとも愛らしくほほえましいひとときでした。 

両親で女の子のためにご飯と野菜、白身魚を使ってきれいなケーキを作ってありました。ハッピーバースデーのろうそくを立てて食べられるお花を飾り、見事な出来栄えでした!学ばなくては。

| | コメント (6)

誕生日の祝いその1

一昨日、誕生日のケーキを再び注文して頂き作りました。卵アレルギーに配慮して、卵のみ使わずデコレーションは生クリームで、フルーツをのせてほしいとのことでした。001

卵なしのスポンジの間にココナツミルクといちじくジャム・ドライクランベリー・寒天で作ったムースをはさみ、まわりを生クリームで覆って甲斐路というぶどうを飾りました。

今回のように、こうしてほしい、という要望がありそれに応えることができるということがこの仕事の特徴だな、と改めて感じました。 期待に沿えるよう技術も向上していきます。

| | コメント (0)

2007年10月19日 (金)

栗の旬の終わり

今年はいつまでも暑く、やっと最近秋らしくなってきたので栗の旬をのがすところでした! 

熊本では栗は9月終わりから10月10日あたりまで、ということでのんきに栗ごはんを作ろうと思っていた私はどうにか残っていた栗にありつけました。Photo

今年は例年に比べると栗を食べる機会が少なかったのですが、母が作ったさつまいもと栗両方入った栗ご飯、友人のお母様が作ったあまさひかえめのおいしい渋皮煮と内容は充実でした。

食べ収めに自分で栗ご飯を炊きました。シンプルに昆布と塩だけで味を補い、秋の味覚を味わいました。

指摘されて気づいたのですが、プロフィール欄が真っ白のままでした・・・・・。週明け以降に少しずつ書いていこうと思います。

| | コメント (0)

2007年10月13日 (土)

熊本の酒

さすがに朝晩涼しくなってきた熊本です。さて先日、熊本産の酒米、酵母、水にこだわって作られた日本酒「墨守」(ぼくしゅ)純米吟醸を味見しました。Photo

このお酒は、熊本酒推進委員会の専売品ということで、山鹿の千代の園酒造で作られたそうです。飲んだ感想は・・・・おいしい!正直言ってあまり期待せずに口にしたのですが、辛口・すっきりした後味で、食事をしながら頂く食中酒にぴったりだと思いました。

よく考えると、おいしい米、いい酵母、おいしい水に恵まれている土地で腕のある職人さんが作るお酒はおいしくなるはずですね。 今まで日本酒は日本の北の地域、涼しく寒い気候の土地のものばかり選んでいましたが、これからは地元のおいしい日本酒を飲めるということをうれしく思います。

飲みたくなった方、ぜひお試しください。私は新町の木村屋酒店さんで購入しています。

| | コメント (2)

2007年10月 8日 (月)

作りました

昨日、ケーキを完成させました。卵、乳製品無しで焼いたスポンジの間に豆乳、メイプルシロップ、塩、本葛粉、片栗粉、バニラビーンズ、有機干しぶどうでむっちりとしたムースに近いクリームを作り、はさみます。一段下にはきなことメイプルシロップ、柿で作ったペーストをはさみました。

297 ケーキ上部の飾りは有機無糖ブルーベリージャム、くこの実、きなこで作ったクッキーを使いました。

今回卵なし、乳製品なしのケーキを作ってみて豆乳の活躍が印象的だったのですが、今後は大豆アレルギーのことも頭に入れて策を練っていこうと思いました。ココナッツミルクなどがよく使われるようですが、他にも何かないかなぁと思案中です。

| | コメント (5)

2007年10月 6日 (土)

同じ働き

今日は依頼された卵なしケーキの試作です。

卵アレルギーの赤ちゃん用に、ということで、乳製品も使用せず、ケーキを作ります。使った材料は、全粒紛、薄力粉、ベーキングパウダー、塩、太白ごま油(しろ)、豆乳、りんごジュース、メイプルシロップ、です。 バターの代わりに植物性油、牛乳の代わりに豆乳、砂糖と卵の代わりにメイプルシロップとりんごジュースを使います。まったく同じ、とまではいかずとも、ほぼ同じ働きをしてくれます。

小さな型で焼いて、思った以上に膨らんでくれたので一安心。 早速味見してみると、ホットケーキのような柔らかい味で私は好みでした。 自分で食べるために今度から焼こうかな。。。まだ写真でお見せできませんが、見た目も楽しくしたいなと思っています。

ケーキを焼いている間に上新粉ときなこのクッキーも作ってみました。

これはきなこ好きには好評でしょう♪口の中の水分を取られたくない方にはおすすめできません。これだと、小麦粉が食べられない人も安心です。

| | コメント (2)

2007年10月 1日 (月)

第二回プチブランシュ打ち上げごはん

昨日は、アジア民芸きらきら☆さんでのイベントの打ち上げに茶豆を呼んでいただきました。今回の一週間のイベントは、プチブランシュという雑貨のお店を経営されている方を中心にたくさんの作家さんの作品を展示・販売してある楽しいものでした。

008 003 打ち上げの献立は、かぼちゃの器入り豆と野菜のクスクスサラダ、Nuit et jourのプチアラシエンヌと三種のお供(クリームチーズと甘夏マーマレード・きのこのアンチョビソテー・アボカドバジルソース)、豚肉香味焼きポテト添え、野菜の揚げ浸し(なす・オクラ・ピーマン)、ざぜ豆、だし巻き卵、ミルクアイスと小豆あん、でした。

イベント中もいつものきらきらに増してゆっくりと作品を吟味される方が多かったと聞き、大いに納得しました。一つ一つじっくり眺めたいものが集まっている贅沢な空間でした。

| | コメント (3)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »