« 枝豆は香り米の香り | トップページ | 小さいから坊ちゃん? »

2009年7月18日 (土)

ビスケットの本

図書館で見つけて借りました。ビスケットの本。

作り方ではなくて、ビスケットの商品について(イギリスでよく食べられているもののみですが)語ってある本です。もちろんイギリス人の著者です。こんな本もあるもんだなぁとつい手が伸びてしまいました。

日本語訳にもよるとは思いますが、辛口な評価と、ビスケットとそれを楽しむためのお茶の時間に対する情熱は読んでいてあっぱれ、という気持ちがします。

ビスケットの紅茶への浸し方(ダンクというそうです)まで解説されています。大真面目で笑えます。「英国流ビスケット図鑑」

|

« 枝豆は香り米の香り | トップページ | 小さいから坊ちゃん? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 枝豆は香り米の香り | トップページ | 小さいから坊ちゃん? »