« いざ川の音で目が覚める場所へ | トップページ | 新居お祝いごはん »

2009年8月28日 (金)

晴天の続く日

この機会を待っていたのです!

今年は梅雨明けがはっきりせず、梅干しの梅を干す作業ができずにいたのです。

瓶の中で塩漬けされて干されるのを待っている梅の実たちから無言の圧力を受け、三日三晩晴れてくれそうなこのときを!036

・・・・ということで、火曜日からやっと土用干しです。例年に比べて約一月遅れの作業。

一粒ずつ瓶から取り出して干していく間にも、日差しが強く眩しくて自分も干されている気持ちになります。

時々裏返す、といわれますが日中仕事で家におりませんので夜せっせと裏返しました。

039 これは一番最初の瓶から出してすぐの梅です。

徐々にしわが寄り、塩が吹いたようになり色も変わっていきます。

作業中にうっかり落としてしまった梅は洗って味見です。まだ塩気がとがっていますが、梅の果実味が残っていてなかなかの味でした。

仕上がりが楽しみな今年の梅干しです。

|

« いざ川の音で目が覚める場所へ | トップページ | 新居お祝いごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いざ川の音で目が覚める場所へ | トップページ | 新居お祝いごはん »