« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

温かい豆花

011 明日12時より16時までとコンパクトな時間ではありますが、イベントへ出店してきます。

初めて食べたのは10年前、台湾の屋台で。それから他のアジアの国のチャイナタウンや再び台湾で食べて、これは日本のみんなも好きなのではないかなぁと思っていました。

最近では、コンビニでも売られていますね。豆腐ともまた違う、柔らかくて温かく、ほんのり甘いおやつ。

夏は冷たく、冬は温かく。一度、夏に台湾で温かい豆花を頼んだら今は冷たいものしかない、ときっぱり断られました。体の体温調節としての役割もあるのだから当然ですね。

今回はささげとさつまいもが入ったシロップをたっぷりかけることにしました。

雨模様もおさまってくれるといいですね。

| | コメント (0)

2010年1月29日 (金)

検索されているということは

最近、水俣・吉田さん・みかん山

という検索で出てきているであろうことが多いように感じる茶豆ブログ。

直接吉田さんと連絡できればそれに越したことはないですが、

もし難しい時は連絡お手伝いします。

今ちょうど不知火(でこぽん)の最盛期ですね♪

とても、とても、味の濃い甘味と酸味のバランスが私好みのみかんです。

| | コメント (2)

2010年1月26日 (火)

アースデイマーケット

今日はぽかぽかお天気でした。

寸胴鍋でだご汁をお届けしてきましたよー!

さて、急ですが、今度の日曜日31日に南高江のぐるぐる倉庫熊本店駐車場にて開催されるアースデイマーケットに参加します!

アースデイマーケットhttp://blog.goo.ne.jp/morikentaは毎月一度、新市街のデンキカン横の広場で行われている

「有機農産物とそれらを使った食品などを生産者自らが販売し、消費者との交流を図る」、というものです。

昨年の夏に立ち上げられたことは耳にしていましたが、今回は新市街を飛び出しての初イベントだそうです。

私は温かいデザート・豆花や自家製梅干しなどを持参する予定です。

他の出店者の方々の野菜や食べ物もとても楽しみです。。。

1月31日(日曜日)12時~16時

ぐるぐる倉庫熊本店 駐車場

掘り出し物探しついでに遊びに来てください!今日のようなお天気だといいなぁ 

| | コメント (2)

2010年1月20日 (水)

季刊誌だったはず

うっかり季刊誌にするつもりの茶豆の瓦版、もう今から書くと春号ですね・・・・。

一年に一度か。

もし、まだかしらと思ってくれていた方がいらっしゃれば、ごめんなさい!無理しないくらいに、季刊誌目指して書いていくということで大目に見てください。

文章を書くことは嫌いではないのですが、それをパソコン上で組み立てて配置し、印刷できる状態にするのを人任せにしているからいけないのでしょうね。

勉強すること多し。009

試作してみた花巻。私は粉物大好きなのでよいのですが、これは皆さんにお出しするにはだいぶ難しいという自己結論に達しました。

友人宅での鍋会で作ってもらった鶏団子が花巻に合いそうだな。

| | コメント (4)

2010年1月17日 (日)

寒くてもお出かけ

昨年末と今月足を運んだ展示会。

島田美術館でのプチブランシュさんとサラジジさんのお二人による作品展。

同じく島田美術館でオープンスタジオ高光さんによる「ひとりの時間を楽しむ」展。

イクイップメントフロアでの龍花(ロンホア)による帽子や洋服、小物の展覧会。

続いてイクイップメントフロアで、ピースによるお犬様の洋服展。

そしてお菓子の香梅菊池店ギャラリー、人形作家にしだみきさんと竹で弾筆(弾み筆)などを作っていらっしゃる高木さんの「めでたし展」。

それぞれに物作りの方々とのお話は面白く、勉強になることが多い上に自分の仕事を振り返ることができて一石二鳥です。

このうち、島田美術館のひとりの時間を楽しむ展は、椅子から本棚、洗面台や便器や暖炉、ランプ、ほうき、ちりとり、など色々な物を、のんびりくつろぐことのできる遊び場のように配置してありました。

二月の半ばまで展示期間がありますので椅子に腰掛けに行ってみてください。島田美術館は火曜日がお休みです。

また、菊池でのめでたし展も1月いっぱい展示中です。

こちらはカフェスペースのいたるところへにしださんの人形が存在感を持って腰掛けたり、寝転んだりしています。お、ここにも!  と探すのが楽しくなります。おじ様の人形がすてき。。。。にしださんのホームページはこちらhttp://hitotukoubou.web.fc2.com/

そして高木さんの竹でできた筆。

ずいぶん沢山夫と友人と3人で落書きさせてもらいました。

使うと夢中になる書き心地。墨を使って、細く姿のよい筆でさらさらと文字や絵をしたために行って来て下さい。  

・・・・はい。今日も先月に引き続き二度目の勘違い。菊池での軽トラ朝市は来週でした・・・・。張り切って行ってしまいました。同行のお二人、ごめんなさい。確認、確認。003

年始食べすぎた後の野菜雑炊。

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

花野菜

お花のような野菜、花野菜。

カリフラワーの別名ですね。

庭に2本植えてもらったうちの一つを収穫、早速食べてしまいました。

しっかりと身が詰まっていて、生でかじると甘味がありコリコリとした食感がおいしさを引き立ててくれます。

2日前には大雪で残りの1本は雪に埋もれてしまっていましたが、私達の心配をよそに雪が解けると何事もなかったかのようにすくっと立っている姿は見習いたいくらいです。

すぐに復活できる土台を作ることなんでしょうか・・・。

歯応えを残したい時のカリフラワー、小房に分けて直接油で炒めて味付けするとおいしいですね。もちろん充分茹でてほろほろになったものも、甘味があって捨てがたいですが。

さて最後の1房はどうやっていただきましょうか。

001

| | コメント (7)

2010年1月12日 (火)

もち・おいも・きなこ

明日の10時過ぎよりFMKモーニンググローリー内のやさしいごはんのコーナーで

きなこいも餅

を紹介します。

Fmk_012 素朴なおいしさでついついつまんでしまうおいものお餅、お茶と一緒だとなおさらおいしいです。

明日は熊本でも雪の予報ですねー皆さん少し早起きして、早めの出発がんばりましょうね!

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

泣きの締めと苺の行方

016 友人二人の結婚式に出席しました。

二人とも、高校時代の同級生で私の結婚パーティーをきっかけとして知り合ったという・・・めでたいです。

家族に囲まれたアットホームな披露宴で、新婦の出席者への心配りと芯の強さ、新郎のいつもながらの心の中の熱い気持ちを感じることのできた時間でした。

二人の希望でケーキはなんと蜂楽饅頭の形。

ケーキの上にもマジパンでできた蜂楽饅頭がのっていて、中はスポンジケーキに粒あん入りのクリームが挟んでありました。

そのケーキは切り分けられ、出席者が自由に食べられるようにサイドのテーブルに出してあったので隣に座っていた友人とケーキを取りに行きました。

同じテーブルの人達にも持って行こうということになり、私はその友人が好きな苺がのったケーキの皿を彼女に置いていたのです。

そういう時私なら喜んでそのまま自分で苺を食べてしまいますが、彼女は苺のケーキを黙って他の人に譲りました。

何気ないことですが、こういう小さなこと一つ一つにその人柄は表れるのだなぁとしみじみ思いながら、私はちゃっかり栗ののったケーキを食べてしまっていました・・・・・

さて、最後の挨拶で新郎が私たちの予想通りに感極まって涙を流してくれて、とてもよい締めとなりました。二人からは改めて学ぶことがあった式でした。

これからもよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2010年1月 8日 (金)

間違い電話

「本田さんのお宅ですか?」

「今日9時30分に予約しとった○○ですが・・・。」

「お世話になりまぁす。○○医院さんでしょ。」

などなど、あまり頻繁にかかってくることのない自宅の電話ですが、間違い電話が多いのです。

なぜかお店や病院などと間違えられます。民家以外の番号と似ているのかな・・・。

極めつけは、昨日の電話。

「○○製造タロイモ研究所ですよね??」・・・・「いいえ、違います。」

何でしょうか、タロイモ?

タロイモはあまり熊本では見かけませんが、つくね芋はおいしいものがあります。

先日はつくね芋をすりおろして小麦粉と練って、つくね芋団子の団子汁を作りました。

小麦粉に塩を一つまみ、そこにすりおろしたつくね芋を加え、水を足しながらこねます。

弾力がある生地にまとまったらお好みの汁物が沸騰しているところにちぎり入れます。

小麦粉だけの団子とは少し舌触りが違っておいしいです。

しかしタロイモには詳しくありません・・・・

| | コメント (2)

2010年1月 5日 (火)

蓮の根

001 友人より立派な佐賀の蓮根を頂きました。

数年前に始めて友人に食べさせてもらって以来、ずっと美味しさを覚えていた蓮根。

やはりおいしい。そのまま輪切りで焼いてステーキに、衣をつけて天ぷらに、ゆず胡椒風味できんぴらに、繊維に沿って切って炒めてサクサクとした食感を味わいました。

しまったすりおろして蓮根団子にするのを忘れました・・・。

花も美しく実も美味しい、根のものは体を温めてくれる冬の助っ人ですね。

| | コメント (0)

2010年1月 2日 (土)

餅つき其の三

035 すべすべと滑らかな餅が次々と出来上がっていき、最後はねったくりが待っています。

これはさつまいもをふかしたものをついた餅にあわせ、一緒について作ります。

最後に黒砂糖を混ぜたきなこをまぶして出来上がりです。

お芋を沢山入れるので、数日柔らかいままでおいしいのですが、そのぶんつく時は大変です。

石臼に、杵にくっつきます。042

しかし大変さを乗り越えて出来上がったねったくりは美味。

また来年も、と思うのでした。

新しい年を迎えました。茶豆の活動も一歩ずつ進んで行きたいと思います。

よろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »