« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

梅熟成に入る

3日3晩と半日ほど天日に干された梅干しは再び梅酢の中へと帰って行きます。

これからしっかりと味わい深くなるように、ここからは私ができることはありません。

もどかしいような楽しみなような・・・2010_07_24__0124 干している間に落ちてしまった残念な梅は食べましたが、まだ少し青い梅の香りと味が残っていてもう一歩。

おいしくなるのは春位からかな・・・・

| | コメント (2)

2010年7月25日 (日)

水羊羹

2010_07_16_0083 また写真が横ですが、友人が作った水羊羹をおすそ分けしてくれました。つるりとしていておいしい・・・

生菓子でいうと、どちらかといえばやはりあんこなどの和のお菓子が好きです。

このどうしようもない暑さの中、おやつと熱い緑茶や烏龍茶、コーヒーなどを代わる代わる飲みながら献立作成.中・・・・・

| | コメント (2)

2010年7月22日 (木)

遺伝

今日のおかずの配達が終わり、仲良くしてもらっている酒屋さんへ行きビールも買って、さて帰りましょうかと足元を見ると足の小指の爪が半分位折れ曲がっている・・・・・

いつ折れたのか気がつかなかった!

あんまり感覚がないのでしょうね、小指の爪。

昔、母方の祖母の足の爪がとても小さかったのを見て驚き、それにそっくりな母の爪を見てまたもや驚き、まだ私は大丈夫だと思っていた矢先ほとんど無いに等しい自分の小指の爪を見ながら思いました。

遺伝ってすごい・・・。

もともと小さいのもあるかもしれないけれど、きっと爪が柔らかいとかその性質が似ていて、結果的にそうなったのでしょう。

ということで今日はアレルギーの遺伝について。

私が感じて思うだけで実際は分かりませんが、遺伝はしないのではないかな。

ただ、遺伝はなくても体質や免疫系は遺伝するので、親がアレルギー・アトピー・花粉症・鼻炎などなどの免疫系疾患がある場合、子供も発症しやすくはなると思います。

高血圧や糖尿病などと同じで、必ずそうなるということはないけれど生活時間や食べる物が同じということは体の中も似てくる、つまり同じような免疫が整ってくるということだと思うのです。

実際に、私は食物アレルギーがありますが弟は無く、彼は小さい頃から食べ物に対して敏感で、私のアレルゲンである食べ物は全く食べなかったのです。

それを単なる好き嫌いだとみんな思っていましたが、もしかしたら食べた時に違和感があって受け付けなかったのかな

と、私のアレルギー発症後に見方が変わりました。

2010_07_18__0089 ということは、引き継いだ体質に加えてその後の食べ方が大きくかかわってくるということなのでしょう。

写真は小さめひまわり(食用)

太陽に向かって咲いています。後姿がけなげでいいです

| | コメント (0)

2010年7月21日 (水)

梅は干される三日三晩

2010_07_21__0086 今年の梅干しは大きい。

全体的に梅の実付がよくなかったので、数が少なかったため一つ一つには栄養が行き渡って大きくなったようです。

昨年は沢山採れたので、小さめのものを選んで漬けたのですが今年は選ぶほどの数がなかったのです。

私の漬ける梅干しは減塩ではないので、かなりのしょっぱさと酸っぱさがあります。

この大きさだと一人で一つ食べるのはちょっと多いかな・・・・2度3度に分けて、又は分け合って、料理にも使って、と工夫してもらえたらな。

今日から干しているので、干されて熟成された大きな梅干しに切り替わるのをのんびりお待ちください。

| | コメント (0)

2010年7月17日 (土)

しょうがのラー油

2010_07_15_0084 先日行ったクラムボンのライブ。

山鹿の八千代座。色々素敵なことが起きすぎた1日で、自分の中で整理がつかないのでそのままに。

その強運をもたらしてくれた一つの場所、いつものごはんji-u  http://www.ji-u.com/

自宅用に購入したしょうがラー油

おいしい!!ので、今日の鉢盛の一品に自家製梅ジャムと混ぜ合わせて添えてみました。

勝手に梅ラー油。

ちなみに商品シールは2010_07_15_0085 ji-uサンから発注いただいて私の夫の会社が作っています。

| | コメント (0)

2010年7月14日 (水)

7月のFMK!

日付が変わって今日14日の10時過ぎから、FM熊本のモーニンググローリー内やさしいごはんhttp://fmk.typepad.jp/glory/cat3666244/index.htmlのコーナーで「夏野菜の揚げ浸し」を紹介させてもらいます。

野菜だけでは物足りない・・・というかたは、ゆで卵を浸したり、お肉を焼いて又は一緒に揚げて浸してみてください。

最近調子の悪かったデジカメとの接続が上手くいったので、庭のミニトマトなど・・・2010_07_11_20107_0052 2010_07_11_20107_0055 黄色いトマトは少し水っぽいところもありますが、瑞々しい。赤は愛らしい形で味も凝縮されています。上手に軒下に育ててもらったのでアメニモマケズ。

| | コメント (2)

2010年7月11日 (日)

最初に伝える

昨日は友人の誕生日を祝っての食事会でした。

浴衣パーティーの予定だったのですが、雨の結構な降りように下駄をいたわって泣く泣く断念・・・・。がんばって浴衣と甚平を着てきてくれた二人はとてもよく似合っていました!

今回は私がお店の予約をしたので、予約の時にアレルギーについてもお店へお話しして、アレルギーの原因になるものが入っている料理が出るときは知らせてもらうようにお願いしました。

さて、食物アレルギーにも色々ありますがその症状の度合いがいくつかに分かれます。

まず軽いもの:食べた後に唇が腫れたり、舌がイガイガする。

中程度:食べた後、腫れなどと共に体にブツブツが出る。お腹も痛くなったりする。

重い症状:食べた後、腫れ・ブツブツ・腹痛・熱・喉が腫れることによる呼吸困難

という具合です。

この度合いは、人によって様々で体調などにも左右されると思われます。

アレルギーの仕組みは、自分の体がある特定の食べ物をある時敵であると認識してしまい、その食べ物に対しての防御をする、すなわち自分で自分を攻撃するもの、と考えられています。

これが一度敵だと思ってしまうとなかなか頑固に方針を変えないため、大人になってから(ある程度免疫ができてしまってから)アレルギーが発症した場合、ほとんど治ることはないのです。

その反面、赤ちゃんのアレルギーは免疫系が整っていくにつれて、徐々に改善されていくことが多いようです。しかし自分で選ぶ力がない子供たちの場合、家族や周りの助けが必要です。

この周りの助けという点で、知っているということが重要だなぁと思うのです。

2010_06_11_0042 庭で夫が作ってくれた小さめ人参。甘かった!

| | コメント (2)

2010年7月 8日 (木)

時にはアレルギーの話。

どうしてこの仕事を始めたのですか?

と、尋ねられるし私も興味のある人には同じような質問をします。

私自身、いくつかの食べ物に食物アレルギーがあること

というのが大きなきっかけではあるのですが、このアレルギーというものについて

あまり堅苦しくならず私なりの思うことを記してみようかなと考え続けていました。

しかししかし、上手く言葉にして表せるのだろうかとだいぶ長いこと躊躇していたのです。

が、分からなければそこからまた尋ねてもらうしかないなぁ、と腹をくくり、ぼちぼち書いていこうと思います。

大変なんですね、と感じてもらいたいのではなく、

そういう仕組みなんだな、と認識してもらえるように。

さて、おかずの配達に行ってきます!

今日は白菜のしょうが菜焼き・なすのトマト煮・きゅうりと赤玉ねぎの青しそ酢の物・豆腐のステーキみょうがソース・高菜と夏大根のスープ

の献立です。

| | コメント (4)

2010年7月 7日 (水)

やる気が湧いてくる音

おおはた雄一さんのライブへ行ってきました。

声と音の力をもらって、ぐんぐん坂道も自転車で登って帰り、勢いづいてそのままちょこっと仕事してしまいました。

目の前で見ていてもどうしてあんなにまあるい音が出るのか不思議で目が離せなかった。

| | コメント (0)

2010年7月 3日 (土)

この湿気に対抗するには

自分も汗を流すこと、と実感しました。

昨日はアースデイマーケットくまもとhttp://blog.goo.ne.jp/morikentaに出店して、出店者のみなさんと共に湿気を含んだ暑さに負けじとはりきってきました。

目指してきてくれた方、偶然通りかかった方、気にかけてくれた方、暑い中ありがとうございました!

今回も、パン、赤玉ねぎ、サラダごぼう、米なす、長なす、坊ちゃんかぼちゃ、白菜、自然卵、玄麦うどんを仕入れて、来た時よりも重たくなって帰りました。

本当に、ここに出店されている方たちの作る野菜は味が濃くて個性があり、私好みです。

早く涼しくなって、この野菜たちで惣菜を作れたらと思っています。

じわじわと汗をかいたものの、体がだるく重たかったので遅刻でしたが毎週通っている公民館でのヨガ教室へ。

だいぶすっきりと生き返り?、やはり無理して来てよかった、とホッとしました。

そして今日、休みであるのをよいことに久々に起きられずひたすら寝ていて気づいたのです、自分の体がこの湿気に対抗できていないことに。

どうしたものか・・・・と思いながら、夜は初参加した別のヨガクラス。

いつものゆったりとしたヨガとは違う、自分のバランス力と筋力を使って汗を流しながらの集中した時間は、新鮮で頭もすっきりしました。

ただ、腕の筋力があまりないので帰ると早速腕が上がらない・・・・・・

明日が怖いところですが、大量に汗を流した後は体感温度が涼しくなることを実感しつつ、早すぎる筋肉痛も味わっています。

みなさんもだるくなってきたら運動と温かい食べ物、辛い食べ物で汗を流すのもおすすめです。

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »