« 月のような太陽 | トップページ | 星乃窯小さな秋展 »

2010年11月12日 (金)

明日から2日間星乃窯です

さてさて、昨日は長い一日に感じた日でした。

嬉しく驚きの意味で。

友人にも沢山会えてまた嬉し

明日から2日間、13・14の土日に菊池の星乃窯さんの秋展へ出店します!!

星乃窯ブログhttp://hossy93.exblog.jp/

今回はゆっくりとお茶の時間を楽しむための器

が待っているそうなので、私も楽しみに出かけます。

陶器の人形作家ニシダミキさんも参加。

にしださんの人形達は日々何か語っているように見えるのです。

茶豆喫茶ではおいしいお茶と無農薬レモンのケーキ、(これはレモンピールとレモンのビタージュレを加えて作りました)ビスコッティなどなど準備しております。

毎度おなじみギャルソン:夫でお送りします。

明日は良いお天気のようでよかった!さてさて、最終準備!

2010_10_27_0307 青いレモンの香りを振りまきながら加工中

|

« 月のような太陽 | トップページ | 星乃窯小さな秋展 »

コメント

マカロンさん
こんにちは!
先日はありがとうございました!
みんなで手土産もおすそ分けいただいて帰りましたー♪
レモンケーキなのに、添えていたのはライムの蜂蜜漬けでした!
ライムもおいしいので皆さんに味わっていただこうと思いまして。。。
季語、伝えます。
今日も小春日和ですね。

投稿: まめまき | 2010年11月16日 (火) 09時10分

茶豆さ~ん
お疲れさまでした!
レモンケーキ とっても美味しかったです^^☆
添えてあった レモンのシロップ漬け??も 大人味でとっても美味しかったんです。

まかないカレーも 予定外に 頂いちゃいまして...美味美味でした♪

また 楽しみにしてますね☆

季語「小春日和」を コジマ様にお伝えくださーい。
「小春日和(こはるびより)とは、晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われた時などの、穏やかで暖かい天候のことである。
小春(こはる)とは陰暦10月のこと。現在の太陽暦では11月頃に相当し、この頃の陽気が春に似ているため、こう呼ばれるようになった。
俳句における「小春日和」・「小春」は冬の季語となる。(陰暦の冬は10月~12月)」( Wikipediaより引用)
で、正しく 当たってましたと @0@!
私も かろうじてセーフでしたと...^^;


投稿: マカロン | 2010年11月15日 (月) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月のような太陽 | トップページ | 星乃窯小さな秋展 »