« 順調に干されていました | トップページ | おでかけいかがでしょう »

2011年2月27日 (日)

インド・マイソール・ゴクラム

Img_1044 Img_1069 Img_1070 Img_1033 Img_1283 こんなところでした、ゴクラム。

やしの木が至る所にあり、カラッとかなりの乾燥具合で昼間は30度くらい気温がありそうなのに普通に生活しているだけでは汗が出てこない気候です。

乾燥と砂埃、排気ガスで少々喉を痛めやすいという面はありますが、

じっとりとした湿気過多な熊本の暑さを毎年体験している身としては大変に過ごしやすかったです。

男性はシャツにズボンという洋風な?服装の人が多く、女性は多くの人がサリー姿でした。中には西洋風の格好の少女もいたり様々でしたが、サリーは目に鮮やかなものから落ち着いた色合いのものまで、見ていて飽きないほどの多様な色柄がありました。

食べ物も少しずつご紹介・・・

こちらはドーサ、マサラドーサと頼むと豆の粉や米の粉などでできた生地をクレープ状に焼いて、中にじゃがいもスパイス炒めが入ったものが出てきます。

左の白っぽい液体がココナツチャトニといって、ココナツの実のすりおろしと青唐辛子、香草、野菜、などが入ったもの。

右の赤い液体がトマトチャトニかな・・・トマトベースでスパイスが加わったソースです。

ドーサをちぎってソースを包んでといいますかすくってといいますか、口へ運びます。

言うまでもなくおいしいです

意外と白いココナツチャトニのほうが辛さがじわじわとやってきます。

あのパリパリ感はまた味わいたい・・・

そしてやはり牛はそこら辺に歩いています。

立派なお宅の庭先の草を遠慮なく食べておりました。

つづく

|

« 順調に干されていました | トップページ | おでかけいかがでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 順調に干されていました | トップページ | おでかけいかがでしょう »