« はじめての料理:第3回 | トップページ | 夏の夜 »

2011年6月28日 (火)

暑い地域では

九州南部は梅雨明けという情報があり、九州中部である熊本はどうなんだろうと思う本日ですが目覚めた時の光の強さからするともうすっかり夏のようです。

先日図書館でまたもや欲張って制限冊数ちょうどの様々な本を借りてきたのですが

その中の1冊、純文学というのか珍しく手にとってみたその本だけ全て読み終えることができず返却するということになってしまいました。

内容は短編集だったのでいくつか読んでみて面白かったのですが

なにしろ暑い。

熊本は暑い。

湿気が集中力と味わう力を奪っていくのを再確認しました。

1年中暑い国などでは文学というより踊りや音楽などのほうが盛んであるように感じますが、

気候によって自然とそうなっていったのだろうなと思うのでした。

寒暖の差が少ないずっと暑い国の果物は甘さも緩く、酸味も少なかったなと。

夏はじっとりと暑く冬はしんしんと冷える熊本で、集中力の要る本は冬場に読み直すことに決めたこのごろです。

005 そんな暑さの恵み:植木の百草園さんの坊ちゃんかぼちゃ

|

« はじめての料理:第3回 | トップページ | 夏の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめての料理:第3回 | トップページ | 夏の夜 »