« 2012星乃窯 小さな秋展 | トップページ | 星乃窯の器たちその2 »

2012年10月17日 (水)

星乃窯の器たちその1

Photo初めて私が星乃窯の器を見たのは、約8年位前に熊本市坪井にあったギャラリーでの展示会でした。
そこで魅かれた黒の小鉢、そのときはなぜだか購入にはいたらずに
そのまま帰ったのです。が、星乃さんの印象と黒の小鉢がどうしても気になって

展示会後に連絡を取り、工房を訪ねたいという旨を伝えました。

それからの星乃さんとのご縁で窯だしに呼んでいただいています。
やはり自分にとって印象強い器というのは使い勝手も大変よいもので、
ほぼ毎日に近いくらい活躍している器です。
野菜のおかずがとてもよく映え、キリリと表情が締まります。
写真は真上からですが横から見ると台形のすっきりとした形です。
黒も漆黒ではなく、光によって茶色が浮き出るような質感です。
まさに今回のテーマ「日々の食事をちょっと素敵に」にぴったりだと独断で思う器をご紹介しました。また次回もお楽しみに。

|

« 2012星乃窯 小さな秋展 | トップページ | 星乃窯の器たちその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012星乃窯 小さな秋展 | トップページ | 星乃窯の器たちその2 »