« 気分転換 | トップページ | 熊本県の阿蘇が世界農業遺産に認定 »

2013年5月23日 (木)

懐かしの果物

今日の茶豆おかず配達の献立は、きのこと空豆・グリンピースのガーリック炒め、新玉ねぎともずくの酢の物、五目豆、シビの胡麻煮、豆腐とあおさの吸い物でした。
今の時期は野菜の少ない時で献立作りにいつも以上に頭を使います。
吸い物に使ったあおさは水俣産で、とても香りの良いおいしいあおさでした。
海の香りを感じます。

さて、今日直売所で見かけて思わず手に取ったのがこちら。Photo

ぐみです。
私が小学生のころまでは祖母宅にぐみの大きな木があり、実が熟す今くらいの時期にはコンテナに乗って沢山摘んでは食べていました。食べすぎてお腹を壊すほど・・・。
最近ではあまりぐみの木を見かけなくなったのでなかなかお目にかかることができないのですが、今日再会してぐみの木を育てたいなとひそかに考えています。
実際ぐみを食べてみると、甘味より先に苦味が少しありました。子供の頃には全く気にしていなかった苦味。敏感になったのか、それとも鈍感だったのか・・・・
お向かいさんのわんぱく坊やくんは果敢に手を真っ赤にしながら食べていましたよ。

|

« 気分転換 | トップページ | 熊本県の阿蘇が世界農業遺産に認定 »

コメント

みりーさん
コメントいただいていたのに気付いたのが今日でした。
ぐみは本当にみりーさんがおっしゃるように、小さい時には苦味も渋味も気になっていなかったのです、味覚とは不思議ですね。

投稿: まめまき | 2013年6月20日 (木) 21時51分

こんにちは。
小学生の頃、校舎の中庭にあったぐみ。
昼休みに、こっそり食べに行っていた食いしん坊が、私です(*^_^*)

そうそう、苦みですね。
私は、ちょっと渋みを感じました。
小学生の頃は、感じなかったんですが。

投稿: みりー | 2013年5月24日 (金) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気分転換 | トップページ | 熊本県の阿蘇が世界農業遺産に認定 »