« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月19日 (水)

アレルギーの検査のお話

二月の冷え込む時期に見事に鼻かぜをひきました。
桜より好きな梅の花の香りも鼻のおかげで弱まっているかと思うと残念です。

友人から譲り受けた洋服掛けを部屋の隅に入れ込むために、北向きの寒い部屋でほこりを吸い込みながら片付けをしたのが引き金です。反省です。

さて、先日アレルギーの血液検査を久しぶりに受けてみようと思い立ち、病院へ行ってきました。記憶がおぼろげですが、多分15年から20年ぶり位の検査です。

アレルギーというのは、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、食物アレルギー、等の総称のようなものです。これらのいずれかの症状を持つ方は、アレルギー体質だと言えます。
私はこの中で食物アレルギーという体質であり、アレルギーのもととなる食べ物を食べると
即時型アレルギー=アナフィラキシーショックが起こる重度の症状が出ます。

今回調べてもらったのは、以前は検査ができないとされていた貝類などを今の技術で検査してもらうことと、これまで食物アレルギーが発症したことのある食べ物の確認の意味がありました。

結果は見事に変わらず、エビ、カニ、イカ、タコ、貝、牡蠣に反応が高く出ました。

検査を受けての感想は、自分自身で食物アレルギーが疑わしい方は一度病院で検査を受けてみることをお勧めしたいということです。
最近子供から大人まで、食物アレルギーである、または発症したという方のお話を聞きます。特にお子さんの場合、自己判断で食物除去を行うよりも、調べてはっきりとしてから医師と相談の上対応した方が安心できると思います。

食物アレルギーには色々あり、食物アレルギーとは異なる症状が混同される場合もあります。乳糖不耐症(牛乳を飲むとお腹を壊す)や、アレルギー様食中毒(赤身魚を食べてじんましんが出た)、食品添加物による中毒などが誤解を招きやすい例です。

もし血液検査で高い値が出ても、実際に食べて反応がどのように出るかは個人個人で異なるところが食物アレルギーの不思議なところです。
食物アレルギーは本人はもちろん、家族や周りの人に心配をかけながら付き合っていくもので、特にこれという特効薬がないものだからこそ、一度検査を受けてみてはいかがでしょうか。
Photo

| | コメント (0)

2014年2月 8日 (土)

なかお画廊にて

先日、熊本市東区佐土原のなかお画廊さんで開催中の
「掛井五郎展」のオープニングパーティーのお手伝いをさせていただきました。

作者である掛井五郎さんが来場されるということで、
作品を前にご本人とお話ができる貴重な時間だったことと思います。
私は準備でパタパタとしていて、ご本人をお見かけした位だったのですが
80歳を超えてなお雰囲気のある方でした。
詳しくはこちらをご覧ください。
なかお画廊http://nakaogallery.com/2月15日土曜日まで、11時~19時
オーナーのなかおさんはとても気さくな方なので、気軽に足を運んでみてください。
Op

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

おしらせ

今日も熊本の夜は深々と冷え込んでいます。
私の住んでいる家は木造なので、廊下が外気と同じくらいの温度です・・・。

さて、皆様にお知らせです。
私茶豆は先日のアースデイマーケットをもちまして、マーケットへの出店を最後とさせていただきます。今後は、今まで通り移動台所茶豆の骨組みである「おかず配達便」http://www.i-chamame.com/と、新しくいくつかの取り組みを始める予定です。

アースデイマーケットくまもとには、熊本市の新市街で始まった半年後の2月から参加させてもらい、先日のアースデイでちょうど丸4年の参加でした。
4年のうち1年間は実行委員として動き、本当に沢山のことを学ばせてもらいました。
色々ありましたねぇ。

そして何より一番の収穫は、出店者のみなさんと仲良くなれたこと、そしてお客さんと直接お話ができて反応を頂くことができたことです。

今後も、アースデイへは買い物をしにちょこちょこ出かけますので、見かけた方はどうぞお声掛け頂けると嬉しいです。
アースデイマーケットくまもとは、毎月第1土曜日に早川倉庫さんで開催されます。
まだ足を運んだことがないという方、久しぶりの方もぜひ訪れて出店者に話しかけてみてくださいね。早川倉庫さんも私の大好きな場所です。3月は1日土曜日に開催です。

009 これまで楽しみに来ていただいたみなさん、ありがとうございます。



| | コメント (2)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »