« なかお画廊にて | トップページ | 野菜のおかずたち »

2014年2月19日 (水)

アレルギーの検査のお話

二月の冷え込む時期に見事に鼻かぜをひきました。
桜より好きな梅の花の香りも鼻のおかげで弱まっているかと思うと残念です。

友人から譲り受けた洋服掛けを部屋の隅に入れ込むために、北向きの寒い部屋でほこりを吸い込みながら片付けをしたのが引き金です。反省です。

さて、先日アレルギーの血液検査を久しぶりに受けてみようと思い立ち、病院へ行ってきました。記憶がおぼろげですが、多分15年から20年ぶり位の検査です。

アレルギーというのは、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、食物アレルギー、等の総称のようなものです。これらのいずれかの症状を持つ方は、アレルギー体質だと言えます。
私はこの中で食物アレルギーという体質であり、アレルギーのもととなる食べ物を食べると
即時型アレルギー=アナフィラキシーショックが起こる重度の症状が出ます。

今回調べてもらったのは、以前は検査ができないとされていた貝類などを今の技術で検査してもらうことと、これまで食物アレルギーが発症したことのある食べ物の確認の意味がありました。

結果は見事に変わらず、エビ、カニ、イカ、タコ、貝、牡蠣に反応が高く出ました。

検査を受けての感想は、自分自身で食物アレルギーが疑わしい方は一度病院で検査を受けてみることをお勧めしたいということです。
最近子供から大人まで、食物アレルギーである、または発症したという方のお話を聞きます。特にお子さんの場合、自己判断で食物除去を行うよりも、調べてはっきりとしてから医師と相談の上対応した方が安心できると思います。

食物アレルギーには色々あり、食物アレルギーとは異なる症状が混同される場合もあります。乳糖不耐症(牛乳を飲むとお腹を壊す)や、アレルギー様食中毒(赤身魚を食べてじんましんが出た)、食品添加物による中毒などが誤解を招きやすい例です。

もし血液検査で高い値が出ても、実際に食べて反応がどのように出るかは個人個人で異なるところが食物アレルギーの不思議なところです。
食物アレルギーは本人はもちろん、家族や周りの人に心配をかけながら付き合っていくもので、特にこれという特効薬がないものだからこそ、一度検査を受けてみてはいかがでしょうか。
Photo

|

« なかお画廊にて | トップページ | 野菜のおかずたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なかお画廊にて | トップページ | 野菜のおかずたち »