« 行楽日和のこのごろ | トップページ | 台北市民の外食編 »

2014年10月28日 (火)

ちょっと台北市民体験

先日行った台湾でのおはなし。
台北市内に住む友人宅に数日居候させてもらいました。
台北市は限られた土地に沢山の人々が暮らす大都市です。
高層ビルのマンションが立ち並び、もちろん家賃も驚くほど高い。
友人は3人で3LDKの部屋をシェアして暮らしていました。

さて、ある天気が良い1日はレンタル自転車でサイクリングへ。
このレンタル自転車は、台北市内の街ごとにステーションが設置されていてレンタルの際はクレジットカードでの身分証明と、台北市内で使うことができる交通のパスカードでの決済で使うことができるのです。1台1台自動でコインパーキングのように決済ができます。このように制度がしっかりしているので自転車の紛失などの諸問題は少ないのではないかと思います。

友人宅から歩いて3分のステーションから自転車を借り、しばらく街中を走ったら川沿いのサイクリングロードに出ました。台湾はGIANTという自転車の会社があるので、サイクリング好きな人も多いようで本格的なサイクリングをする人から家族連れの方まで、思い思いにのんびりと自転車を楽しんでいます。その横のグラウンドでは野球チームの試合があっていたり、バスケットコートやテニスコートもあって充実しています。犬の散歩をする人たちを眺めたりしながら、1時間弱サイクリングして友人が目的地に定めてくれていた新店という台北から南の方に向かった地下鉄の終点がある町へ到着しました。20149


サイクリングロードを走って到着した場所は穏やかな川でボートに乗って楽しむ江津湖のようなのんびりとした場所です。そして乗った自転車はこちら20149_2


一見ママチャリのようですが、たしか6段ギア付きでもちろんGIANTの自転車です。このあたりの広場付近にはステーションがなかったので、街中へ移動してちょっとひやひやしながらバスと一緒に車道を走り(しかも台湾は右側通行です)、地下鉄駅裏にあったステーションへ自転車を返して帰りは地下鉄で友人宅へ戻りました。

台湾は日差しが強く自転車に乗って汗だくだったので、新店のお店でみんなでかき氷をつついてほてりを冷ましたのは言うまでもありません。私が選んだ具材は杏仁のゼリーのようなもの、豆、白木耳、愛玉だったかな・・・台湾のかき氷は具が一番下に入って氷とみつが上からかけてあります。次回は地元っこが行くご飯屋さんのお話をしようと思います。

|

« 行楽日和のこのごろ | トップページ | 台北市民の外食編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行楽日和のこのごろ | トップページ | 台北市民の外食編 »