« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

甘い物の話

さて、先日近所に遊びに来ていた友人の娘とおやつを作ろう!ということになり、急遽自宅に移動して今あるものでできる蒸し卵プリン作りの子供料理会と相成りました。

カラメルはちょっと跳ねますので、私が作りながら横で見てもらって・・・プリンの部分は全て彼女が量り、混ぜ、濾して容器に分けいれていきます。人数分作るために小さなプリンカップに上手に等分していく彼女。

蒸し加減が難しいのですが、何とかうまく出来上がり冷やして家族に運んでいく姿は誇らしげでした。だれか食べてくれる人がいるということが何よりのやる気になりますね。それは私の仕事にも通じることです。

そして最近おじゃました熊本市東区月出にある和菓子店、「季の菓」(きのか)さん。
こちらはとてもやわらかい口どけの数種の大福が有名なお店です。
今回あんこ好きの私、豆大福を至福の喜びを感じながらいただいたのですが、新作のクリスマス時期の菓子も絶妙なバランスの3層を味わうことができる目にも楽しいお菓子でしたのでご紹介します。
PhotoPhoto_2


写真ではちょっと分かりづらいかと思いますが、三層の下からしっとりしたカステラ様の生地、そしてあんの層、それから一番上に寒天に豆や果物などが閉じ込められた層で美しいです。ゆずの香りも漂う味のバランスはぜひご自分の舌で確かめていただきたいと思います。事前に電話予約をされることをお勧めします。








| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

台北市民の外食編

さて、今回は台北市民である友人(20代男性)が案内してくれた友人が普段食べに行っている食堂のお話です。
まずは近所の麺の店。ここでのおすすめは汁なしジャージャー麺とのことだったので、私もそれを頼みました。大・中・小とメニューにあったのでお腹も空いているし中を注文。
友人のルームメイトにほんとに?中でいいの?という顔をされましたが、自信を持って中にしました。ジャージャー麺は文句なしのおいしさだったのですが、まぁこれは炭水化物大好きの私にもちょっと多すぎて少し食べてもらいました。。。。食べ盛りの男性にちょうどよさそうな量です。
台湾の人たちは日本人よりたくさん食べる気がします。
もし台湾へ旅行される方は、それを踏まえて注文することをお勧めします。
それぞれの麺の他に、煮物や和え物などの小鉢類はセルフサービスで冷蔵庫から取ってきます。その中の一品、ピータン豆腐がおいしかったです。台湾のピータンは白身の部分が半透明のこげ茶色で、癖が少なく私は大好きです。友人がピータンを崩して豆腐と混ぜ合わせてくれました。こうやって食べるのかと新鮮な驚き・・・。食後は新鮮な果物をジュースにしてくれるスタンドへ。私はグァバジュースを飲み、あっさりした後味に消化を助けられました。

翌日の朝は私のリクエストで豆漿の朝ごはん屋さんへ。豆漿や揚げパン、葱油餅、大根もちなどをそれぞれ軽く食べて満足。昼はちょっと遅めの時間にルームメイトも一緒にガッツリ系の排骨飯屋さんへ。ワンプレートでご飯軽く茶わん2杯分くらいの上に平たく伸ばして揚げた豚スペアリブが乗っていて、その脇に野菜のおかずが3種類盛ってあります。私はここのお店は2回目だったので、前回もおいしかった鶏の排骨の方にしました。
いやぁしかし量が多い。おいしいのですが、量に負けて残しました…。無念。
ここのお店はスープがセルフサービスです。大学の近くでこんなに量が多いので、学生たちがよく利用するそうです。ん?でも、女性一人のお客さんなんかも黙々と食べていましたよ、やはり胃袋が違うのか。

さて、昼食をたっぷり食べたので夜はあまりお腹が空かず、友人お勧めの台北の夜景がきれいに見える所へ行ったりして夜は台北市のお隣の新北市という所にある地元っこの夜市へ。
ここで、鶏肉飯というあっさりとした蒸し鶏が乗ったごはん(夜市の食べ物は少な目です)と蒸し鶏、小鉢などを食べました。台湾は豚肉を叩いて細かくした煮込みが乗った魯肉飯が有名ですが、私は地味な鶏肉飯のほうが好みです。

そして翌日の朝、今度は友人がよく食べている朝ごはん、サンドイッチのテイクアウトへ。
台湾ではサンドイッチは三明治(サンミンツー)といいます。
もちろんコンビニには冷蔵庫に並んだサンドイッチもありますが、台湾の朝ごはん屋さんはその場で中身を焼いてくれます。たとえばベーコンと目玉焼きにチーズ入りとか、豚ハムにスクランブルエッグ入り、とか数えたらきりがないほどの組み合わせがありました。
友人がいつも行くお店は店内超満員、お店の前には出来上がりを待つ地元の皆さんで行列ができています。
仕方ないのでもう1軒のお店の方へ行き、各々好みのサンドイッチと飲み物を注文。ここでも豆漿があります。5分くらい待ってホカホカのサンドイッチが出来上がります。パンは胚芽入りの薄めのパンで具の味付けも控えめでちょうどよく、おいしくいただきました。

ここまで食べ物の話ばかりしてきましたが、もう一息です。
台湾での最後の食事をしに友人が連れて行ってくれたのは、友人たちが趣味で行っている野球チームの試合の後にみんなで行くという地元の市場の中にある食堂です。
20149友人にお勧めのものをオーダーしてもらいやってきたのは汁なしの牛肉麺(各々)、水餃子、青菜炒め、辛い牛肉スープ、そして滷味。こんなに食べきれるかな??と不安になりましたが、残ったらルームメイトへのお土産にするということで一安心。ここの食堂はほんとに手ごろで味もよく、どれもおいしかったのですが私が気に入ったのは滷味。台湾のなんでも煮つけみたいなもので、内臓系から燻製豆腐、卵に海藻、色々な具を選んで煮てもらうもので台湾の食堂や屋台でよく見かけます。正直言って私は今まで食べた滷味の味付けをそんなに好んではいなかったのですが、この食堂のものを食べてこんなにおいしいものだったのかと開眼させられました。しかし、おいしいのですが食べきれないので持ち帰りにさせてもらいました。

と、台北市民の案内による地元の人たちが普段行っている食堂編、一気にご紹介しました。ただ、食堂なので店名など掲げてあるところが少なく分からないのが惜しいところです。市場や住宅街で地元の人に思い切って尋ねてみると、その地域のおすすめ食堂が見つかると思います。
意外なのは、外食でも味付けが薄めであること。日本での外食と比べると、拍子抜けするくらい薄味です。辛いものもありますが、辛くない食べ物の方が多いです。
有名店の食事の翌日には、こんな地元の食堂探しもおすすめです。

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »