« 台北市民の外食編 | トップページ | 色鮮やか »

2014年11月30日 (日)

甘い物の話

さて、先日近所に遊びに来ていた友人の娘とおやつを作ろう!ということになり、急遽自宅に移動して今あるものでできる蒸し卵プリン作りの子供料理会と相成りました。

カラメルはちょっと跳ねますので、私が作りながら横で見てもらって・・・プリンの部分は全て彼女が量り、混ぜ、濾して容器に分けいれていきます。人数分作るために小さなプリンカップに上手に等分していく彼女。

蒸し加減が難しいのですが、何とかうまく出来上がり冷やして家族に運んでいく姿は誇らしげでした。だれか食べてくれる人がいるということが何よりのやる気になりますね。それは私の仕事にも通じることです。

そして最近おじゃました熊本市東区月出にある和菓子店、「季の菓」(きのか)さん。
こちらはとてもやわらかい口どけの数種の大福が有名なお店です。
今回あんこ好きの私、豆大福を至福の喜びを感じながらいただいたのですが、新作のクリスマス時期の菓子も絶妙なバランスの3層を味わうことができる目にも楽しいお菓子でしたのでご紹介します。
PhotoPhoto_2


写真ではちょっと分かりづらいかと思いますが、三層の下からしっとりしたカステラ様の生地、そしてあんの層、それから一番上に寒天に豆や果物などが閉じ込められた層で美しいです。ゆずの香りも漂う味のバランスはぜひご自分の舌で確かめていただきたいと思います。事前に電話予約をされることをお勧めします。








|

« 台北市民の外食編 | トップページ | 色鮮やか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台北市民の外食編 | トップページ | 色鮮やか »